試文

no image

試文

国敵へ放つ拳

2019/2/16  

――撃つ!! 撃ち放たれた一撃。 草薙が巨躯の魔族の腹腔を撃ち抜く。 ボキボキと骨が折れる音が響いた。 魔族が怒る。 腕をラリアットのように振り回した。 草薙を殴りつける。 人間なら全身の骨が粉々に砕 ...

no image

試文

蒼と赤の衝突

2019/2/16  

(迎え撃つ……!) 決意の不退転。 風守に迫る魔神の光。 風守を襲う破壊光を迎え撃つために。 (破壊光!!) 瞬間、赤熱する天。 破壊光が――来た。 「――おおおおおおぉぉぉ!!」 総身から力を振り絞 ...

no image

試文

――風の導きを。 早綾の言葉に風守の守護者達は頷いた。

2019/2/2  

「風の導きを、でござるよ」 ――風の導きを。 早綾の言葉に風守の守護者達は頷いた。

no image

試文

国は金を使う、税金は軽くする

2019/1/28  

国と人は違う。 その一つが経済だろう。 「君の生活は極めて庶民的だね」 「米と納豆、あとは豆腐があれば割と満足だな」 「模範的だね」 「只の日本人だとも。だが、あんたに言われると微妙な気分ではある」 ...

no image

試文

俺がそれをやりたいと思ったからだ。理由はそれだけで十分

2019/1/26  

なぜそう思うのか? 俺がそう思いたいからだよ。 俺がそれをやりたいと思ったからだ。 理由はそれだけで十分。

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com

Copyright© 悠久風記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.