悠久ノ風

日本の伝統料理さんま(サンマ)寿司を作る風守の女たち

更新日:

――時間は朝。
――場所は風守の料理場
――風守の女達が集まっていた。

くノ一や、巫女(スーツ)の女達、風守の守護者達がサンマ寿司を作っていた。
彼女達は蒼生を守護し、国敵を討滅する虚神を祀る者達だ。
虚神の在り方に従い、
様々な外敵に脅かされる日本を、脅威から少しでも守るためのお役目に赴くのだが。

「サンマ寿司を作りましょう」

今回はえらくほのぼのしたお役目だった。

「サンマ寿司を作り、それを日本人の皆様にお配りします」

彼女達、風守の女は「日本人に奉仕する」という命題がある。それを良しとする心がある。
これも日本人を守る虚神の在り方を踏襲しているといえるだろう。

「今回はサンマ寿司をお造りしよう。寿司だけに」

葉月が分かりにくい上に微妙なギャグをとばす。

「はい、そうですね。葉月さん」

スルーするアゲハ。

「あ、あの……今のはだな……えと……サンマの……その寿司とお造りをかけ、て……」

わたわたとギャグの解説をしようとする葉月。端的にいって見苦しい。

「あ、はい。面白かったですよわかっていますよ葉月さん。アゲハめは面白く思います」

綺麗に微笑むアゲハ。距離感のある微笑みだった。

「じゃあ葉月ちゃんが軽くスベッタ所で材料を確認するでござるよ~」

「今回ご用意したのは……」

くノ一達や巫女スーツの風守の女達が用意したサンマ寿司の材料を見渡す。

◎サンマ
◎ご飯
◎お酢
◎塩

今回の主な材料である。
ゆずの汁や昆布を用いる事もあるが、
今回はシンプルな作りにする方針だ。

「ビバ!!
サンマ寿司でござる!!」

「サンマ寿司は体にいいですからね。たくさん作りましょう」

「お疲れの方が多いですからね。できるだけ多くの日本の人達にお配りしましょう」

「疲れに効く感じでござるか?」

「さんま寿司は疲労の回復に良いのですよ」

「お酢が入っていますからね」

「ご飯につけるお酢は多めにしましょう」

巫女の守護者やくノ一達は相手の健康を考えていた。

「お酢は代謝を促進し、腸などの体内環境を整える効果がありますから」

「免疫力の向上にも役立つと思われます」

女達は頷く。ここは風守。日本人を守る虚神を祀る地である。

それに仕える立場の彼女達は、困窮している立場の者達に配るサンマ寿司を作ろうという場だった。

「こういった穏やかなお役目も大事だからな」

できるだけ体にいいものを、と栄養の事も考慮しているのは、風守の女らしかった。

日本の伝統料理である事も今回彼女達に与えられた課題である。

「手洗いはすませましたか?」

「バッチリでござる~」

「はい、よくできました」

多くの人が食べる食材を扱うため、体や身につけているものは十分に清めている。

「ではおつくりしましょうか」

「まずは、サンマを開きましょう」

くノ一達が丁寧にサンマを開いていく。

「手を切らないように」
「食材をいたませぬように」

丁寧に食材を扱っていく。

「食材をいただく」という感謝の心が風守の女の所作から感じられた。

清められた包丁を使い、サンマの旨味をできるだけ殺さないようにサンマを開いていく。

開いたサンマ。身をできるだけ傷つけないように中を取り出していく。

丁重な扱いは、いささか過剰なものかもしれない。

だがそれは彼女達の食べ物を頂く、命を頂くという事の感謝の気持ちのあらわれだった。

魚を頂く。
命を頂くという意味を深く受け止め感謝する。

命への感謝、自然への感謝である。

一般人から見ればではあろうが、それが風守の守護者としての心構えであった。

丁重に中をとりだし、流水で清めるように洗っていく。

風守の女達は丁寧にサンマを扱っていく。

「そろそろ大丈夫なようですね」

サンマを見て、女達は頷いた。

「では次は小骨をとりましょう」

「小骨を抜く作業は大変でござるねぇ~」

「ふふっ私め達にお任せを。私め達はこういった作業は苦になりませんので」

くノ一達が綺麗な微笑みを浮かべた。
地道な作業を苦にしない性分である。

さんまの骨をくノ一達が丁寧に抜いていく。

丁寧な仕事は彼女達の生来の生真面目さがあらわれているかのようだった。

「やるでござる~~。こっちも頑張って骨抜くでござる」

丁寧に骨を抜いていく。

サンマによっては骨が固いものや大きいのもいる。

骨をとる際にバリバリと音がする時もある。

「骨をとる時はできるだけ、身がけずれないように気をつけてください」

「油断すると身をもってちゃうでござるね」

「もったいない、の精神です。身をもっていかないように」

「骨に多くの身がついてしまったた場合は身をおく小皿におとしてください」

小骨を抜く作業は地道なものである。

だが風守の女達は食材を丁重に扱いながら黙々と真面目に丁寧に骨を抜いていくのであった。

「次は塩ですね」

サンマを開き骨をとったくノ一達が、サンマに塩をかける。

「よし、任せてくれ」

葉月がはりきって塩をかける。
はりきっているが雑ではない。
丁寧に塩をまぶしていく。

「いいですね、葉月さん」
「そ、そうか」
「はい、素敵ですよ」

アゲハが微笑み、葉月を誉める。
「ふふっ、私に任せてくれ」

葉月の顔が更に明るくなる。
アゲハの細やかな心づかいだった。
くノ一という性質上、こういうのは得意である。

彼女達は気持ちよく作業を終えた。

「一通り、まぶし終わりましたね」

巫女やくノ一達が塩をまぶし終わる。

「おいしくなるといいですね」

「少し待ちましょうか」

「待つのでござるか?」

塩をかけた後、待つ。

「結構待ちますよ。」

「待つでござるか!?」

「私め達は少しお役目にいってきますね」

くノ一や、巫女スーツの守護者達の何人かが杜へ向かう

「あーその格好だとそのままいけるでござるね」

「浅学非才の私め達が少しでも多くのお役目をこなせるように、です」

「風守の知恵、ござるね」

「ふふっ、風守だけというわけではありませんが……ではいってきますね」

塩をまぶしてから待つ事にする。


時間がたった。
先ほど細かいお役目に従事した風守の女達も戻ってきた。

「次はお酢ですね」

「サンマをお酢につけるのでござるね」

「お酢のご飯にたくさん使いました」

「あっ、お酢が少し足りないかもしれない」

「えぇっ、まだあるでござるよ」

「ええ、ですが……足りないかもしれませんね」

「十分な数は用意したつもりでしたが……、思った以上に多く酢のご飯を作りましたから」

「それに、お酢を多めに入れましたからね」

酢は疲労回復にいい。
そして今の日本人は疲れた人が多い、その人達に配るサンマ寿司なのだからお酢を多めに入れましょうという流れだ。
結果、十分に用意していたお酢が足りなくなる可能性が出てきたのだ。

「少々お待ちください。私めがとってきますので」

「そんなにお酢大事なのでござるか?」

「ええ、大事です」

微笑み、くノ一はお酢をとりにった。

「健康成分には気をつけているのですよ」

「このサンマ寿司が日本の誰か口に入るんだな」

葉月がサンマ寿司を眺める。

「疲れている日本の方々に届くといいですね」

お姉さんくノ一が微笑む。

「サンマ寿司は日本の伝統料理。日本の心を伝えるという意味でもこれは大事な事だとアゲハめは思うのです」

自分達が食べるだけではない。
自分が作った料理を誰かがおいしく食べてくれる喜び。
そういう喜びを、風守の女は感じやすい傾向にある。

「お酢、お待たせしました」

くノ一がお酢をもってた。

「早かったでござるね」

くノ一のお姉さんの一人が持ってきた酢を受け取り配分していく。

巫女の娘が先ほど綺麗にしたサンマを並べた。

「サンマの用意ができましたね」

「では、サンマに酢をつけましょう」

くノ一はサンマを酢につける。

切ったサンマに酢をひたしていく。

「酢がしみこむでござるね~」

「お酢と魚はあいますよね。古来から日本人に親しまれてきた食の組み合わせです」

「古来から日本人が食してきたものですからね。日本人の遺伝子にあっているのでしょう」

そんな話をしながら時間が過ぎていく。

「お酢につけるのは、そろそろいいでござるか?」

「いえ、まだまだ足りないかと」

「アゲハめもそう思います。お酢は美味しいし健康に良い大事なものです。半日つけましょう」

「けっ、結構待つでござるね!
ちょっとつけすぎな気がするでござるよ」

「紀伊の本格は半日つける所があります」

「私め達もそれに習うのが最良かと」

「えーーさすがに長いでござる。もっと早いのがいいでござる」

「ですが……」

「ん~~まぁ別によいじゃろう」
穏やかで少し気の抜けた声がした。

「サンマ寿司で酢をつける時間は様々じゃ。数分で良しとするものもあれば、半日つけるものもある」

「そうですね、サンマの開き方も腹開きと背開きがありますし……」

「各々良いと思ったようにやるがよい。それで十分うまい。日本の郷土料理じゃしな。ほっほっほ」

天代と呼ばれる巫女服を着た少女があらわれた神秘的な雰囲気の芯に荘厳さを秘めた少女である……のだが。

「この風守に倣えば、「それもまた良し」の精神じゃな。ほっほっほ」

外見に反してゆるい雰囲気を醸し出している。彼女自身そのゆるさは祭神にならっているといっている。

「ありがとうございます、天代様」

くノ一が丁寧に頭を下げる。
巫女の娘もうやうやしく頭を下げた。

「申し訳ありません、天代様」

「よいよい。わしらの神は細かい事は気にせんのでな。お主らの丁寧な女仕事は好ましい事じゃがな。じゃが、ここは子供のいう事をきいておくがよいじゃろう、それに」

いっぱくおく。

「わしらの神は本格なのも、手軽なのも良しとするものじゃ」

「承りました、天代様」
了解する風守の女達。

全面的に風守の方針に従うのが彼女達である。上意下達を自主的に徹底させているのだ。

好きにすればよい、といったが彼女達は集団の統制を重んじる。

少女の意を酌み自分達が譲る事にした。

「酢漬けの時間を半日から、短くしましょう」

「でも、さすがに今すぐというわけにはまいりません。少しでも日本の方々の疲労を癒すためにも、酢を染み込ませたいですから」

巫女の女がいう。

「ではその間、お役目にでましょうか」

「あっ、手伝うでござるよ~~」

「うむうむ、よきかなよきかな」

半日というほどではないが、染み入るようにはつける。

いい塩梅に落ち着いた様で、天代は満足そうに頷いた。

「では少し待つがよい。きっといいサンマ寿司ができるぞよ」

しばらく待つ事にした。

「そろそろいいでござるね」

なんだかんだでたっぷり酢漬けした。

「たっぷり……染み込んでそうだ」

「少し味見を」

どれくらい酢を染みこばせばいいのか、ちゃんと酢がしみこんでいるか、それには味見するのが確実だった。
複数のくノ一が平均的な部位の一部を切り出し、口に運ぶ。

「はい、お酢がしみています」
「こちらも大丈夫です」

無事にサンマの酢漬けは終わった。

酢につけたサンマを取り出す。

「では、握りましょうか」

酢をたっぷりかけた飯、酢飯を取り出す。

「んっ……」

口にいれる。
酢飯を味見する、女達。

「酢のご飯、おいしいでござる~~」

「はい、たっぷり染み込んでいます」

酢飯の状態を確認する。

酢飯を寿司にできるように整える。
酢飯は綺麗な白米がおいしい酢をかけられ、キラキラと光っていた。

「おいしそうですね」
「酢のご飯だけでもいけそうだ」

「ここの祭神は適当じゃからな。酢のご飯だけでも、それもまた良しするかもしれぬ」

「まぁっ」

そんな会話をしながら、たくさんの酢飯を整えていく。
サンマをまく。
丁寧に、サンマと寿司をあわせていく。
サンマと酢飯をあわせ――サンマ寿司ができる。

「できたでござるーーー」

サンマ寿司は実に見事な出来映えだった。

「おいしそうですね」
「はい、お出しするのが楽しみです」

風守の女達が頷きあい、サンマ寿司をつくっていく。

「んっ……んっ……んっ」
「んっ……んっ……んっ」
「んっ……んっ……んっ」

女達がサンマ寿司を握る。
かなりの量だ。

汗だくになってもいけませんね。
私め達の汗が……

「構わぬ!
美女の汗はご褒美じゃ!!」

天代はあまりにもゆるかった。

「え゛ぇぇ~~」
さすがのくノ一もちょっと戸惑う。

サンマを使い酢飯を握る。
サンマ寿司が形造られていく。

たくさん、たくさん、サンマ寿司をつくっていく。

「できました」
「はい」

風守の巫女、くノ一達がサンマ寿司をみた。

心なしか声が弾んでいる。

「うむうむ、油の乗ったサンマ。艶ある酢飯。丁寧に握られてサンマ寿司となっておる」

「味見をお願いします、天代様」
「わしか? 子供勢のほうがいいじゃろて」
「こういうのはキチンとやるでござる。天代様がいいでござるよ」

「ふむ、道理じゃな。では一口」

そういって天代はサンマ寿司に手を伸ばした。

口に運ぶ。

「……うむ」

口に広がる米の味、サンマの旨み。
酢がしみわたっている。
丁寧に包まれたサンマ寿司が旨みの広がりと共にとろけるように崩れる。

「……うまいのじゃ!!」

天代様、うまいと言う。

「よくできておる」

「それにしても……」
天代は微笑んだ。

サンマ寿司を作る女達をどこか遠いものをみるように見る。

「……懐かしいの」

呟く。
サンマ寿司は日本の伝統料理だ。
日本で長き時を生きる天代はこうやって日本の伝統料理を作る光景をみてきた。
年寄りのばぁさん達だけでなく、こうやって若い女が作る光景はいいものだと、天代は感じた。

――例えそれが日本を守る、日本を守るために全てをかけた破綻した――の風の意志だとしても

「……それもまた良し、というやつじゃの」

天代の呟きはそよ風に消える。
風が人に届くように、彼女達が作った日本の伝統料理が、日本の誰かに届くように。

天代は仄かに祈るのであった。

おすすめ記事

no image 1

【敵女】女ザコ待機モーション的なの【ビキニ】 【敵女】女ザコ待機モーション的な動画Youtubeに投稿。 グラマーなビキニの女ザコ。 待機モーション的なの。 関連リンク 【ノクターン】ヘルヘブン女戦闘 ...

-悠久ノ風

Copyright© 悠久風記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.