蒼生のハーレム(ファンボックス)

新春、あ~んで食べさせてくれる美女軍団♥

投稿日:

「主様のために、料理をご用意します」

癒しの笑顔を浮かべる蒼生大和の女達。

「お前達もゆっくりしたいんじゃないのか」

彼女達は命令に従い任についている。
過酷な任務も♥♥な任務も忠実にこなしてくれるのだ。
今日くらいは休んでもいいと、主は考えたのだが。

「私め達が主様に料理を作りたいのです」

透き通るような微笑みで、巫女の一人が応えた。

「男性に料理を作るのは女の悦びです」

「いつも外で頑張っている男性のために♥」
「いつも外で頑張っている主様のために♥」
「おいしい料理を作ってあげたい♥」
「それが――」
「女の悦び♥」
「私め達の悦びです♥」

「男の人は♥」
「主様は♥」

「いつも、とっても頑張ってます♥」
「そんな主様を♥」
「私め達の料理で癒せるなら♥」

「これほどの喜びはありません♥」

料理を作る美女達♥
心からの悦びを。
れるような笑みから理解できた。

フリフリフリ♥
プリプリプリ♥

プリプリの女体を包む裸エプロンから、ひらりと大きなヒップがのぞく。
女性ホルモンがたっぷり詰まった女体から香る雌フェロモン♥

自分の身を捧げる男に料理を作る。
女の悦びが漏れているかのようだった。

「それでは、料理、作りますね♥」

新春に爽やかな花が咲く。


「ご用意しました」
「吸い物」
「餅」
「煮魚」
「かまぼこ」

艶やかな見た目の料理が並ぶ。
食欲をそそる匂いが香り立っている。

「この素材は……」

「はい、主様」
「全て蒼生大和の自家製です」

蒼生大和の管轄でとれた肉、魚、野菜で作られている。

「主様の好みの合わせた味付けを中心にしています。
味はもちろん、疲労回復、滋養強壮に良いものに致しました」

料理からは、蒼生大和の女達の気遣いが伝わってくる。

「たくさんあるな!」

「はい。僭越ながら、たくさんご用意しました」
「主様の好みに合わせたのものを複数ご用意しました……が」
「一つでも主様の好みにあるものがあれば良いのですが」

「吸い物だけで複数あるのか……」

「はい。お味噌が多く入っているものと、透明なお吸い物。具はお餅が中心のもの」
「一つでもお口にあえばいいのですが……」

「いや、全部もらうよ」

「えっ……」

「せっかくお前達が作ってくれたんだ。
食わないなんてもったいない」

「主様……お優しいです」
「主様、なんとお優しい」
「さすがです、主様♥」

「あ~んしてくれ」

「えっ?」

「お前の作った吸い物を食べさせてもらいたい!」

「あーんで、ですか」

「あーんで、だ!」
力強く言った。

「う、承りました主様」

「では、主様。口を開けてください」
「いいですとも!」

「ふふっ♥ありがとうございます、主様」
「では……最初はお餅にいたしますね」
「餅か!うまそうだな」
「はい」
「柔らかすぎ固すぎず……」
「主様のお口にあえばいいのですが」
「餅は好きだ。それに……」

「えっ?」

「その餅も大好きだ!」

「あの、それは……」

「後からもらうぞ」
「それは……もしかして……」

「……ヤる」
堂々と言った。

「……はい」
「……承りました」

白い肌が仄かに紅潮する。

「ではまずはこちらの、お吸い物のお餅からどうぞ♥」

「あ~~ん♥」

「んむっ」

「どうですか、主様……」
「……」

「あ、主様?」

不安無げな顔を浮かべる配下の女達。

「うまい!」

力強く言った。
草薙は何でも美味いという日本人。
素直だった。

「あっ……」
女達の顔が明るくなる。不安が風で払われたようだった。

「ふふっ」
「よかったです♥」

「いっぱいありますから、たくさん食べてくださいね」

「こちらのお餅は……後からたっぷり……食べさせて差し上げますから♥」

おすすめ記事

no image 1

【敵女】女ザコ待機モーション的なの【ビキニ】 【敵女】女ザコ待機モーション的な動画Youtubeに投稿。 グラマーなビキニの女ザコ。 待機モーション的なの。 関連リンク 【ノクターン】ヘルヘブン女戦闘 ...

-蒼生のハーレム(ファンボックス)

Copyright© 悠久風記 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.